久しぶりに実家に帰りました

久しぶりに実家に帰りました。


実家のあたり、なんか、完全に限界集落みたいになっていました。

周囲の家に人が住んでいないようで、そこからの雑草の侵略がヤバイ感じで、ちょっとこれもう人が住めないんじゃ?って感じでした。


SIRENの村を連想するレベルでした。


それだけならまだしも、私の弟が例の位置情報送信の件以降もfgoを続けているらしく・・・

田舎なので、公式ホームページの告知とか見れないのかもしれませんし、アプリ内の告知とかも見れないのかもしれません。

限界集落、廃墟に囲まれた家、その中の一室がfateグッヅでいっぱいになっているという壮絶な光景になっていました。

一応フォローしておくと、相当前からfate好きだったはずです。色褪せきって、ほぼどんなゲームなのかわからないレベルになっているps2版のパッケージとps2が弟の部屋にありました。

というか、fgoウエハースを箱買いしていて、fgoアーケードのカードもいっぱいで、もしかするとfgoのガチャにも金を・・・?と思ってしまいます・・・

ちなみに、fgoウエハースは家の近所のコンビニで売っていますが、箱買い専用みたいな扱いになっていて、いろんな意味でなかなかすごいです。


私は基本的に捨てにくいものはいらない物だと思っていて、その手のグッヅは基本買いませんし、買ってもすぐに捨ててしまいます。

いや、正直、ミリシタの等身大パネルとかちょっと惹かれましたけど・・・


まあ、実家に関しては、本格的に住めなくなったら私がいるあたりに来ればいいだけなので・・・

でも、そうなった場合、fgoグッヅを私の目に入るところに置かれるとちょっとアレなので、多分グッヅはそのまま捨てていくことになると思います。


そうなると、数年後、廃村紹介みたいなテレビ番組で「怪奇!廃村の一室に眠る謎のfgoグッヅ」みたいなノリになって面白いかもしれません。